守山市議会議員

石田せいぞう

オフィシャルウェブサイト
ステキなまちをつくりたい
活動報告  REPORT
2021年5月25日 火曜日 地域包括との懇談

5月20日(木)新政会のメンバーが地域包括支援センターの関係者と懇談会を持ちました。

 

ishida-1 ishida-3

 

地域包括支援センターは地域の高齢者をみまもるネットワーク作りを進めています。

ishida-2

多岐に渡る業務が北部も南部も5人から職員で対応していて多忙である。

将来的に人員を増やしていく必要があるが、資格を持った経験豊かな人を集めるのは、なかなか難しいとのことでした。

守山市は今後高齢化が更に進んでいくことが予測されますが、それに向けて施設の拡充や職員の確保など、

計画を立てて進めていくことが必要であると思いました。

 

IMG_1948

2021年5月13日 木曜日 玉津学区まちづくり推進会議

守山市では昭和54年から自治会や学区を単位として明るく住みよいまちづくりをつくるための

活動を進めるために、まちづくり推進会議が設けられています。

 

名称未設定-2

 

私自身は今年度、市民活動部会に所属し、部会長を務めることになりました。

例年実施されている学区民のつどいは市民活動部会が中心になって、企画運営を進めることになっています。

台風やコロナ禍のせいで学区民のつどいは3年続けて中止となっています。

今年も新型コロナの感染拡大が収まっていない状況を見ると、今年も開催が危ぶまれます。

コロナ禍の中でもできることを創出し新しい形でのつどいのあり方を考えていきたいと思います。

 

2021年5月6日 木曜日 お湯上げ、小祭り

5月2日(日)石田町自治会ではお湯上げと小祭りを行いました。

例年4月29日に行っていましたが、悪天候を避ける為、日程を変更して実施しました。

五穀豊饒や社会の安全を祈願して行う行事です。

伝統的な文化行事として、自治会として実施しています。

町内会長及び協議員が参加して、若宮神社と天満宮の両宮で行いました。

コロナ禍に配慮して、規模を縮小して実施しました。

今年は小津神社の大祭で5月5日に大宮神社を担ぐことになっていたのですが、

新型コロナ感染拡大防止に配慮して、1年延期となりました。

各地の神社においてもGW中に祭礼が行われることになっているのですが、

去年に引き続き規模縮小を余儀なくされています。

 

IMG_1921 IMG_1923

 

新興の巡行や長刀等の渡御などは行われず、神事のみ実施することになったところがほとんどです。

この時期のお祭りはGW中ということもあり、たくさんの人が祭礼に参加します。

また、大勢の人が祭り見物に行き、大変賑わいます。日本の伝統行事になっています。

2年続きで人々の心をつなぐ伝統行事が行われないのは寂しい限りです。

 

IMG_1922

 

早くコロナ禍が収まってみんなが集まって、祭りを楽しめる日常が戻ってくれることを願いたいと思います。

 同窓会

4月28日(水)玉津小学校同窓会の本部役員会が行われました。

年に1回行う総会の準備をしました。

例年ですと本部役員、地区委員、年次委員合わせて30名ぐらいが出席して行われていますが、

昨年は新型コロナ感染拡大による緊急事態宣言が発令されていましたので、中止しました。

今年は滋賀県では緊急事態宣言は発令されてはいないものの、新規感染者も増えており、

近隣府県では、3度目の緊急事態宣言が発令されていることを鑑み、今年も総会を書面で行うことにしました。

 

玉津小学校では卒業生が同窓会を結成し、同窓生の親睦を図ったり、学校支援を行ったりしてきました。

以前は4年に1回会誌を発行し、同窓生の住所確認などを行っていました。

個人情報保護法の関係で、それは行われなくなりました。

また、会員がお亡くなりになられた時に弔電を打ち、弔意を表すようにしています。

 

しかし、コロナ禍で家族葬が本流になってきており、今までのような形で弔意を表すことが難しくなってきました。

年に2回「同窓会だより」を発行し、学校の様子や同窓会の様子などをお知らせしています。

学年の同窓生が集まって会を開かれた時の様子などを投稿してもらい、学区の皆さんにお知らせしています。

こちらもコロナ禍で同窓生が集まって会をひらくことが難しくなってきており、記事を集めるのが難しい状況です。

 

IMG_1910 IMG_1911

 

今年は『同窓会だより』の発行を年に1回にすることになりました。

時代に合わせて同窓会の運営も考えていく必要に迫られています。

2021年4月23日 金曜日 いちごの摘み取り体験

4月11日(日)石田営農組合の農業ハウスでいちごの摘み取り体験を行いました。

 

IMG_1899

 

地元の農業に関心を持ってもらいたいということで、石田営農組合と石田自治会がコラボして開催している事業です。

大人子ども合わせて115人の申し込みがあり、10時からと11時からの2回に分けて行いました。

このような時期なので消毒はしてもらい、出来るだけ密にならないように広がって、

イチゴの摘み取りをしてもらうことを言いました。

 

IMG_1901 IMG_1905

 

ハウスも出来るだけオープンにして、風通しのよい状態で活動してもらいました。

ハウスの中は甘いイチゴの香りでいっぱいです。

口の中に入れると甘さが広がります。

目の前の熟しているイチゴなので甘さは最高です。

参加してくださった皆さんは大変喜んでくださっていました。

特に地元で気軽にイチゴの摘み取りが体験出来ることを喜んでおられました。

 

横にあるハウスではモリヤマメロンが栽培されていますし、周囲の田んぼでは麦が大きく育ってきています。

折に触れ、地元の農業の様子に関心を持ってもらえるようにしていきたいと思います。

「石田せいぞう」応援メッセージ
「石田せいぞう」後援会
「石田せいぞう」活動報告