守山市議会議員

石田せいぞう

オフィシャルウェブサイト
ステキなまちをつくりたい
活動報告  REPORT
2021年11月19日 金曜日 会派予算要望

11月15日(月)に新政会は、令和4年度予算編成にかかわる要望を市長に手渡しました。

コロナ禍の収束に向けての対策など、大きな視点で4項目、その他に地域要望や国県要望などをあげていました。


1、安心な子育て環境・教育の充実と次世代育成の推進

  • 保育士の処遇改善や職場環境の整備促進に努められたい。
  • 厳しい状況に置かれている児童生徒の家庭への積極的な支援を図られたい。

2、高齢者・障害者等が安心して生活できる環境の充実

  • 福祉人材確保のための処遇改善や働く環境改善に努められたい。

3、「豊かな田園都市」を目指したまちづくり

  • ビワイチに絡めた道の駅整備などの事業を積極的に推進されたい。
  • 自治会及び学区への支援拡大に努められたい。

4、コロナへの万全な対応と信頼される市政運営

  • コロナの影響により痛手を受けた事業所への継続的な支援と地域経済の活性化策を積極的に推進されたい。
  • 限られた財源の中で全庁一丸となり、事業の延伸・見直し・スクラップなど効率化を積極的に図られたい。

5、地域要望

  • 西・東駅周辺の通勤時間帯の交通渋滞解消に向けた対策を進められたい。
  • 街路樹の維持管理について高木の剪定を強化されたい。

6、国・県要望

  • レインボーロードの渋滞緩和策を積極的に検討されたい。
  • 木浜内湖、赤野井湾のマイクロプラスチックゴミの除去等、環境改善に向け国・県との連携を強化されたい。

 

その他にもたくさんの要望を上げさせてもらいました。

市からは2月14日に回答をもらうことになっているので、

それに対して本会議で質問したり、各委員会の中で協議したりしながら

要望実現に向けて取り組んでいきたいと思います。

 

 

IMG_2606 IMG_2608

 

 

 

 

 

2021年11月15日 月曜日 エコフェスタ

11月7日(日)新環境センター及び交流拠点施設で、もりやまエコフェスタ2021が開催されました。

以前は環境フェアという名前で行われていました。

4月に「もちやまエコパーク交流拠点施設」がオープンし、10月に新環境センターが本格稼働したことから、

多くの人が集まり、環境について学び、考え、行動することを目指して開催されたものです。

 

IMG_2568 IMG_2569

 

オープニングでは地元明富中学校吹奏楽部が野外で私たちの心を温かくしてくれました。

部員の皆様も久しぶりに野外で思いっきり演奏でき、満足してくれたようです。

開会式では、つい最近発生した焼却灰のダイオキシン濃度基準値オーバーに触れた挨拶がありました。

稼働したばかりなのに、このような事象があっては市民が安心して生活することができません。

早急に対応した結果、フェニックスが受け入れを認めてくれたという報告をいただきました。

 

IMG_2572 IMG_2575

 

交流拠点施設の工作室では、マイエコバック作りの体験コーナーが企画されていて、たくさんの方が来られていました。

新環境センターの学習室では、エコキャンドル作りの体験もありましたので、

そちらにもたくさんの方が来てくださったかと思います。

 

IMG_2574 IMG_2577

 

以前の環境フェアの時は、飲食ブースなどがあり賑わっていましたが、今回コロナが未だ収束したわけではないので、

残念ながら飲食部分は設けられていませんでした。

来年のエコフェスタの頃には飲食ができるようになっていることを祈ります。

 

 

 

2021年11月6日 土曜日 ゴールボール体験学習

11月2日(火)玉津小学校において、ゴールボールの体験学習を3年生2クラスで一時間ずつ行いました。

パラリンピックでTV放映されていたこともあり、たくさんの子どもがゴールボールのことを知っていました。

 

授業では

①ボールを投げる

②寝転んでディフェンスの姿勢をやってみる

③転がってきたボールを受ける

④シュートをしてみる

⑤質問のプログラム

をこなしました。

 

ゴールボールではボールを弾ませないで真っ直ぐ投げることが基本ですが、これが結構難しい。

ボールが弾んだり横にそれていったりすることがあります。

校長先生にも体験してもらいましたが、力が入りすぎてボールが弾んでしまったりしました。

 

 

ゴールボール協会会長の西村さんが守るゴールに向かって子どもたちがシュートするのですが、

いとも簡単にボールを止められてしまいます。

まるで投げているのが見えているかのようです。

2クラス目の女の子の一人が投げたボールがゴールに入りました。

今年の体験学習の中での初めての失点だったそうです。

 

IMG_2536 IMG_2548

 

普段の生活の様子などを子どもたちは質問していました。

視覚障害者の方が使われる白杖のことや、テレビドラマの副音声ことを話されました。

子どもたちは、目が見えているかのように思える西村さんのプレーに感心していました。

新しい世界を見たような驚きだったように思います。

西村さんのプレーはすばらしい!

子どもたちに新しいスポーツを体験させることができたことはとても良かったと思っています。

 

IMG_2558 IMG_2550

2021年10月29日 金曜日 衆議院選

10月19日(火)から始まった衆議院選ですが、中盤戦から終盤戦へと突入しています。

今回の選挙では野党が立候補者を調整して、統一候補を出しているところが多くなっています。

情勢分析では接戦になっているところが多いようです。

結果によって、これから国が進める政治が大きく変わっていくこともあると思われます。

 

IMG_2485 IMG_2502

 

各政党では候補者を応援するために、著名な政治家を呼んでくることもよくあることです。

10月25日(月)には、少子化担当大臣の野田聖子さんが応援に来てくれました。

雨の日でしたが、会場となったJAレーク滋賀の駐車場前にはたくさんの方が集まってくださり、

野田大臣の熱いメッセージを受け取っておられました。

大臣は東近江などへ行き、その後東京の方へ帰られました。

自分の選挙区にも寄らず、帰らなければならないのは大変なことと思います。

 

IMG_2504 IMG_2487

 

私たちは朝夕の駅立ちや選挙カーで街宣などが重要な応援になります。

コロナ禍なので人を集められませんし、候補者のメッセージを届ける事がなかなか難しい状況です。

新しい選挙のやり方を生み出していかないと、票をまとめることが難しい時代になってきていると思います。

2021年10月18日 月曜日 年中花咲くまちづくり

10月9日(土)石田町自治会では花の植え替えを行いました。

6月に植えたベゴニアからパンジーに植え替えます。

ベゴニアは夏に花が咲き、パンジーは冬から春にかけて花が咲きます。

 

8つの町内会が各々決めた場所に花を植えていきます。

小さな子どもがお家の方と一緒に参加してくれている町内もあり、

いろんな方々が参加してくだたいへん嬉しく思います。

自分たちの住んでいるまちを、少しでも美しくしたいという気持ちを持ってくださって有難いです。

 

IMG_2449 IMG_2450

 

新型コロナの影響で今年も自治会の活動が思うにまかせない状況が続いていました。

緊急事態宣言が終わり、少しづつ平常の生活に戻りつつあります。

自治会でも延期していた行事などを10月以降に行い、活動を進めていく予定です。

活動を通じて、人と人が繋がり住んで良かったと思えるまちづくりにしていきたいです。

 

石田町は地区計画でたくさんの家が建ち、新しい方がどんどん入ってきてくださっています。

石田にきて良かったと思ってもらえるステキなまちを作り上げていけるよう、精一杯活動していきたいと思います。

IMG_2452 IMG_2459

「石田せいぞう」応援メッセージ
「石田せいぞう」後援会
「石田せいぞう」活動報告