守山市議会議員

石田せいぞう

オフィシャルウェブサイト
ステキなまちをつくりたい
活動報告  REPORT
2019年1月30日 水曜日 左義長

IMG_7258

 

1月14日(月)早朝、石田町若宮神社で左義長が行われました。

はっきりとした記録が残っているわけではないので、いつ頃から続いているのかはわかりませんが、

少なくとも、私たちが小さい頃より前から続いているのは確かです。

 

IMG_7249

自治会長から話を聞く子どもたち

 

左義長の意味について、自治会長から小学校高学年の子どもたちに説明がされます。

石田町では左義長の点火をするのは子どもたちになっています。

 

IMG_7251 IMG_7255

火をもらう子どもたち               左義長の点火

 

この日もたくさんの子どもたちが来て、手に持ったわらにかまどからの火をもらい、

竹の周りを覆うわらに点火をします。

燃えさかる火を見つめながら、五穀豊穣や家内安全を祈ります。

 

IMG_7263

 

この日は、ボランティアグループが用意してくださったぜんざいが皆にふるまわれます。

子ども会の役員さんも、飲み物やおつまみなどの接待をしてくださいます。

それをいただきながら、周りの方と語らいながら、左義長の炎を見守るのです。

 

今日点火してくれた子どもたちが大人になり、親になった時には自分の子どもたちに左義長の話をしてくれることでしょう。

このようにして、一つの伝統行事は受け継がれていくのだと思います。冬の寒い時ではありますが、心のぬくもりが次の世代へも

伝わっていく素晴らしい行事だと思います。

2019年1月22日 火曜日 国への要望活動

1月8日(火)国土交通省へ要望活動に行きました。

 

IMG_7169

国土交通省玄関門にて

 

大臣政務官にお出会いし、野洲川放水路内の雑木や流砂の撤去の実施などについて

要望書を提出しました。

 

IMG_7177 IMG_7282

大臣政務官に要望書を提出            野洲川放水路の様子

 

昨年夏、前国土交通副大臣が視察に来て頂いた事もあり、

要望内容については一定理解を示してくださいました。

近畿管理局の河川担当に連絡を取って、進捗状況をお知らせするとのことでした。

 

IMG_7179

要望内容について意見交換

 

この日、国土交通省のロビーや廊下にはたくさんの人が来ておられました。

たぶん、地方局だと思いますが、テレビカメラらしきものも見受けました。

国の来年度予算が発表されて間もないので、私達と同じようにたくさんの方達が要望活動に

押し寄せて来られたのだと思います。

 

IMG_3226 IMG_3227

昨夏の前国土交通副大臣による講演        昨夏、前国土交通副大臣と

 

国レベルでは交付金や補助金は多数あるので、この種の要望も多数届いているものと思われます。

最終的にどのようにして決まっているのかは私達にはわかりませんが、こういう要望活動も、

決定の際には、何らかの影響を与えているのではないかと思います。なので、要望に行く時だけではなく、

ふだんから、国や政府の方々とのつながりを持っておくことは、私たち地方議員の大切な使命の一つなのではないかと思います。

2019年1月16日 水曜日 成人式祝賀駅伝

IMG_7266

 

1月14日(月)第49回守山市成人式祝賀駅伝が行われ、151チーム約1300人の市民が参加しました。

この大会は、新成人の前途を祝うとともに、市民のふれあいを広げ、スポーツに親しむ人々を増やすことを目的として行われているものです。

 

IMG_7268 IMG_7269

 

たくさんの市民が参加していることもすごいことですし、小学生から大人まで幅広い年代層の市民が参加しているところもすごいことだと思います。

 

IMG_7267

 

さらにすごいのは、市政開始直後から49年間続いていることです。準備大会運営、後始末など、たいへんたくさんの方々の協力のを得ながら、

永年続けてこられたのも、市民の大きな力だと感じます。

 

IMG_7277

 

今、走っていた子どもたちも、何年か先にはお祝いされる側に回ります。そして、その後は、再びお祝いする側に回ります。

たくさんの市民が集まり、新成人をお祝い出来る場があるというのは、すばらしいことなのではないでしょうか。

2019年1月9日 水曜日 餅つき

IMG_7120

 

12月28日(金)石田営農組合と自治会がコラボして、餅つきを行いました。

何かと忙しい年末、少し肌寒い中ではありましたが、50名以上の方が来てくださいました。

いきいきクラブの方に混じって、子どもたちにも餅つきを体験してもらうことが出来ました。

 

IMG_7141

 

餅つきの合間につきたてのお餅も食べてもらいました。

お餅つきを見ながら、友だちと語らいながら頂くお餅にみんな舌鼓を打っておられました。

 

IMG_7123

 

石田の「ふれあい水田」で、田植え体験や稲刈り体験をし、収穫した餅米でできたお餅は、格別の味でした。

心もお腹も満たされる一時でした。

 

最近ではあまり見られなくなりましたが、餅つきをして、家族や親戚が集まって年越しの準備をすることを通して

コミュニケーションが図れていたのだと思います。

石田営農組合は自治会と手を取り合いながら、町内の皆さんがつながり合える場を提供していければと考えています。

 

IMG_7116

 

当日、営農組合のハウスで獲れたイチゴの試食もしていただきました。

子どもたちも喜んでくれていました。

2018年12月29日 土曜日 もちつき

12月23日玉津学区の餅つきが行われました。

 

IMG_7015

 

一人暮らしの高齢者に民生児童委員さんが鏡餅を配る為に、学区で長年取り組んでいるものです。

学区の各自治会から出てきている部会員さんが集まって餅つきをします。

つき上がったお餅をみんなで丸めて、鏡餅にしていきます。

高齢者で一人暮らしだと、なかなか年越しのためのお餅を用意することも難しいのが実状です。

そこで、学区全体でそれを支援していこうという訳です。

 

IMG_7016IMG_7019

 

 

出来上がった餅は、12月25日(火)に民生児童委員さんが、一軒一軒配って回ります。

手分けして配り回るのですが、一人当たり10人以上の方を担当しています。

大変なことですが、高齢者の方々は大変喜んでおられることでしょう。

でも、この事によって個々の健康状態や、生活の様子も分かります。

この事業は、一人暮らしの高齢者の方と社会を繋ぐ重要な働きをしているのだと思います。

 

 

「石田せいぞう」応援メッセージ
「石田せいぞう」後援会
「石田せいぞう」活動報告