守山市議会議員

石田せいぞう

オフィシャルウェブサイト
ステキなまちをつくりたい
活動報告  REPORT
2017年10月2日 月曜日 敬老会・町民文化祭

台風による悪天候のため、延期されていた敬老会と町民文化祭が9月24日(日)に開催されました。

今年は、100歳を迎えられた方がおられ、市長が敬老会にかけつけ、お祝いの品を贈られました。

今でも、毎日畑仕事に行っておられ、とても元気です。素晴らしいことだと思います。

これからも毎日元気に過ごして頂き、長生きしてくださるとうれしいです。

 

当日、ななまがり交流センターでは町民文化祭が催され、多数の方の作品が展示されていました。

自分の干支をはり絵で表した作品がありました。いきいきクラブの方々の作品です。
みんなで集まって作品を作られたのではないかと思われます。

一人で自分の得意なことに取り組むのは素晴らしいことだと思います。

それとともに、仲間と一緒に作品作りに励むというのもまた素晴らしいことであると思います。
また、自分が心を込めて作った作品を、こうして発表できる場があるというのは、とても素敵なことだと思います。

私自身は芸術的センスがないので、作品を作ったりできませんが、こうして見せて頂けることは、ありがたいことだなあと思います。

石田の町は、芸術を楽しむ文化が育まれてきているのだなと感じ、心が満たされたような気がしました。

 

敬老会 文化祭

2017年9月25日 月曜日 文教福祉常任委員会

9月19日(火)文教福祉常任委員会が開催されました。

 

(1)古高保育園民営化

老朽化する園舎の建て替えに併せて古高保育園を民営化し、私立保育園の設置運営を行う。これにより古高保育園の入園定数は増え、待機児童の解消につなげようとするもの。市の所有する土地で保育園を運営してもらい、市に借地料を払ってもらう。施設整備に対して市は補助金を出す。現古高保育園の保育活動を継承し、5年間は継続するものとする。市の所有地を有償貸与し、保育園を運営してもらうという新しい試みであるが、是非とも成功させてもらいたいと思います。

 

506701

 

 

(2)諏訪家屋敷

現在、復元工事中の諏訪家屋敷ですが、今後、外構等も整えて平成30年6月オープンの予定です。管理運営は守山市文化体育振興事業団に委託することになります。地元地域の方にはボランティア等の形で関わってもらうことになりそうです。地元の宝物としてたくさんの人が関わり、地域活性化の起爆剤になってもらいたいと思います。

 

他にも、放課後児童クラブのことや地域包括支援センターのこと、中学校昼食や市民病院のこと、などなど、多くの案件について審議や協議を行いました。

2017年9月16日 土曜日 受章記念祝賀会

後援会長である赤井清司氏が、旭日雙光章を受章されたのを祝して、9月10日(日)に、ロイヤルオークホテルで祝賀会が行われました。

衆参国会議員や近隣市の市長など180名余りの方が列席されました。

赤井さんは、市議会議員を6期20年9ヶ月務められ、長年自治会長として、自治会運営にも携わってこられました。

その功績を認められての今回の受章です。

鏡開きがあったり、お祝いのスピーチがあったりと、たくさんの方から祝福を受けておられました。
今日までたくさんの苦労があったことかと思いますが、それが報われた一日だったでしょう。
お祝いのスピーチの中で皆さんが触れておられましたが、奥様の支えがたいへん大きかったと思われます。
大きな仕事をしようと思えば、家族の支えは不可欠です。素晴らしい家族を築いてこられたことが、今回の受章の原動力だと思います。

御自身の体や家族のことを大切にしながら、今後も活躍されることを祈りたいと思います。

 

1   2

2017年9月6日 水曜日 政務調査会

8月31日(木)県議会議員団と市の行政、議員団による政務調査会が行われました。

守山市からは、重点要望事項として4点が上げられました。

 

① 県道片岡栗東線の道路各幅工事の推進

② 琵琶湖の保全再生に向けた、具体的な取り組みの推進

③ 歩行者や自転車の通行に配慮した旧中山道の整備について

④ 新守山川や法竜川の河川整備の促進について

 

厳しい県の財政事情を説明された後、各項目の事業進展状況について説明がありました。

鋭意事業の進展に向けて、県に働きかけているとの回答でした。
そんな中、日野川改修に多額の費用がかかり、他の河川事業を圧迫しているとのことで、

直轄管理を働きかけているということや、大戸川改修問題が影響を及ぼしていることなどが、表明されました。

 

もう一点、国体開催に向けての施設整備についても、意見交換がされました。

各地域から施設整備に関して要望が出ており、難しい様相でした。

 

県会議員団は、県内全域を回り、要望を聞く中で、どの施策を進めていくのかを決めます。

それぞれの地域から議員が選出されている中、施策の優先順位を決めていくのは、たいへん難しい仕事であると思います。

 

道路 川

2017年8月30日 水曜日 学区防災訓練

8月26日(土) 地域総合センター周辺で玉津学区の防災訓練が行われました。学区長をはじめとして、自治会役員や自衛消防隊、消防団員や日赤奉仕団など、約200名が参加しました。中学生も参加して、バケツリレーや消化器訓練に携わっていました。中学生年代は、大人と一緒に活動するのは、難しい年頃なのですが、参加してくれているところが素晴らしい所だと思います。

副学区長のあいさつにもありましたが、一つの行事に、たくさんの人が集まれる、これが地域の力である。この、人と人とのつながり、地域の絆が、私たちの暮らしの安心感につながっているのだと思われます。10月には、学区最大のイベントである学区民のつどいと学区民大運動会が行われます。この地域の力が大きく花開いて、素晴らしいイベントになることを期待したいと思います。

 

1    2

 

4    6

「石田せいぞう」応援メッセージ
「石田せいぞう」後援会
「石田せいぞう」活動報告