守山市議会議員

石田せいぞう

オフィシャルウェブサイト
ステキなまちをつくりたい
活動報告  REPORT
2017年11月10日 金曜日 諏訪家屋敷見学会

文化財保護強調週間(11月1日~7日)を含む前後に、守山市では文化財に親しんでもらうための行事が行われます。

10月29日(日)には、伊勢遺跡まつり、11月12日(日)には下之郷遺跡まつり、10月1日(日)~11月30日(木)には市立埋蔵文化財センター秋季特別展が開催されます。

 

11月4日(土)には諏訪家屋敷見学会が行われました。

諏訪家屋敷は江戸時代から残る大庄屋の住宅ですが、現在修復工事中です。

文化財なので、出来るだけ元の姿を残しながら工事をしなければなりません。使える材料はそのまま使っておられます。

屋根は琵琶湖産ヨシを使うなど、当時の姿に配慮した形で工事が進められています。

 

写真を掲載出来ないのが残念ですが、新しい材料が違和感を感じさせないように苦心しているのがよくわかります。

来年のリニューアルオープンにはどんな姿が見られるのかとても楽しみです。

たくさんの人が見に来てくれて諏訪家屋敷のすばらしさ、文化財の値打ちを感じとってもらえることを期待したいと思います。

 

2017年11月6日 月曜日 市政報告

10月27日(金)石田町のななまがり交流センターで、いきいきクラブの皆さんに市政の様子をお話させてもらいました。

 

まず初めに、市民病院のことについてお話しました。

済生会に経営は移行されるけれど、心配はないということを説明しました。

これを機に施設は新しくなっていくし、お医者さんも入って来られる方が増えるなどの良い点についてお話しました。どなたも済生会に変わることについて不安は感じておられませんでした。

 

環境センターの更新についてもお話しました。

特に新しい施設では、プールやトレーニングルーム・グランドゴルフ場など、一般市民が集える施設が計画されていることを説明しました。

温浴施設や飲食スペースなどについて質問された方もおられ、関心が高いことがうかがえました。

 

また、庁舎についてもお話をしました。

国の特別措置を活用することによって10億円市の負担を減らすことが出来るが、時間が限られていることなどを説明しました。

庁舎の場所としては、用地買収からしていくと時間がかかるので、現庁舎の位置が最有力であることを説明しました。

候補地として考えられていた成人病センター職員の駐車場や、市民運動公園の駐車場には興味を示す方がおられました。

 

他には、待機児童の話や、中学校給食の話をさせてもらいました。

高齢者による事故で、免許返納のことが話題になるが、地域交通を充実させることが必要とのご意見が出されていました。

 

hospital shiyakusho

2017年10月25日 水曜日 組織力

第48回衆議院議員総選挙が終わりました。自民・公明の連立与党が2/3以上の議席を獲得するという結果でした。

野党の選挙体制が整わないうちに戦いを仕掛ける、抜き打ち解散的な形での総選挙突入でした。

野党側はどう対応していくのかが注目される所でした。そこへ、いきなり希望の党が出てきて、民進党との連携を図りました。

一時は、国民の注目の的になり、与党も警戒感を示し、体制の引き締めに躍起になりました。

ところが、「排除の論理」から立憲民主が立ち上がり、新たな注目を集めることとなり、最終的には、野党第1党となりました。

結果的には、与党は勢力を維持し、野党の勢力図だけが変わったということになりました。

ポスター貼りに始まり、街宣活動や企業回り、電話作戦などの活動に取り組みました。

多くの仲間と共に活動しているので、力強さがあるのだと感じました。

結果から見て、与党と野党の違いは、組織力の差だと思いました。

今後、野党がどのような動きをして、体制を立て直していくのか、注目したいところです。

 

all

2017年10月18日 水曜日 力を合わせ はばたけ玉津

10月7日(土)に、第41回玉津学区民のつどいが行われました。前日から雨が降っていたので、雨天バージョンでの実施となりました。

模擬店は予定通りの出店となりましたが、グラウンドゴルフやフリーマーケットは中止となりました。

開会式では、玉津のロゴマークが発表されました。バッジが作成され旗も制作されました。

これから玉津のシンボールマークとして、”玉津の学区民の心” をひとつにしていく象徴として、様々な場面で活用されていくことでしょう。

Tシャツなどが出来て、玉津のみんなが着るようになったりすれば、より一層盛り上がるのではないかと思います。

 

10月8日(日)には、第44回玉津学区民大運動会が行われました。

前日までの雨も上がり、暑過ぎず、運動するにはちょうどよいあんばいでした。

オープン種目もいろいろと工夫が凝らされ、子どもから大人までが楽しめる運動会になっています。

分団対抗の得点種目も、速さあり、力あり、技ありで、こちらも工夫を凝らした競技になっていました。

 

つどいと運動会、内容は異なりますが、玉津の人が一同に会して、楽しむことが出来た有意義な二日間であったと思います。

 

danketsu

2017年10月7日 土曜日 会派視察

10月3日(火)〜5日(木)に、会派で九州方面を視察しました。

 

一日目は大分県日出(ひじ)町の観光施策について研修しました。

人口28000人ほどの町ですが、合併せずに単独で町政を展開しています。

観光に力を入れており、地域の食や文化などを活かした「ひじはく」なる期間限定のイベントに取り組んでおられました。

大きな財政負担もなく、観光客が誘致でき、しかも、イベントに関わることによって、町づくりが盛り上がる有効な施策だと思いました。

YouTubeも使って観光PRに熱心に取り組んでおられました。

 

二日目は、大分県の竹田市議会の方と、予算特別委員会の運営について、意見交流を行ないました。

自分が所属していない委員会の案件についても質疑が出来るところが、メリットかなと感じました。

 

三日目は、宮崎県延岡市の新庁舎建設事業についてお話を伺いました。

周囲の景観と一体化した庁舎を目指して建設に向けて協議を積み重ねられたそうです。

総額78億円で明るいイメージの広がるエレガントな庁舎が建てられていました。

工事にあたっては、地元業者が出来るだけ参入し易いような工夫をされ、地域産業の振興に貢献したとのことでした。

守山市も市民に喜んでもらえる庁舎となるよう、意見を取りまとめていけるとよいなあと思います。

 

九州

「石田せいぞう」応援メッセージ
「石田せいぞう」後援会
「石田せいぞう」活動報告