守山市議会議員

石田せいぞう

オフィシャルウェブサイト
ステキなまちをつくりたい
活動報告  REPORT
2018年1月26日 金曜日 甲賀市役所視察

1月25日(木)公共施設調査特別委員会で、甲賀市役所の視察に行きました。

 

昭和40年に旧水口町役場として建設されてから50年以上が経過し、老朽化が進んでいたことから、新庁舎が建設されました。

 

地上6階建てで既存庁舎を改修した別館(地上3階建て)とは渡り廊下でつながっていました。

敷地は広く、約400台の駐車場と約200台の駐輪場が確保されています。

 

周囲には税務署や法務局などの公的機関やスーパー・ショッピングモールなどがあり、便利な場所にあります。

旧来から甲賀郡の中心市街地であり、庁舎建設の場所についての異論はあまりなかったようです。

 

庁舎は吹き抜けになっており、自然採光で非常に明るい感じがしました。

太陽光発電や雨水の利用など環境に配慮した機能になっていました。

 

また、免震構造を採り入れ、非常電源や電力以外の熱源確保など災害への対応能力の高い施設となっています。

約68億円ですが、合併特例債を活用し、市の実質的な負担は22億8千万円ほどに抑えられています。

 

建設コストを抑えるため、シンプルでコンパクトな正方形とし、遠くからでも分かりやすいように、四方に正面性を持たせた建物になっていました。

外壁や議場に信楽焼きを採用したり、地元産木材を使用するなど、地域の活性化にもつながるような配慮をしておられました。

 

IMG_2548 IMG_2535

 

また、階段部分の案内サインやカーペットなどに忍者をイメージしたデザインを採用するなど、地域を大切にする配慮がなされていました。

 

IMG_2545 IMG_2557

 

守山市ではこれから市庁舎建設に向けて本格的な検討を加えていく訳ですが、参考に出来ることがたくさんありました。

新庁舎建設にうまく活かしていきたいと思います。

 

IMG_2575

 

2018年1月23日 火曜日 ここ滋賀

1月17日(水)日本橋にある【ここ滋賀】に行きました。

 

【全国・世界から選ばれる滋賀へ ~東京で滋賀の魅力を体感できる場所~ 】

を、コンセプトに情報発信拠点として設けられている場所です。

 

滋賀の特産品などが並べられており、10月29日から12月30日までの間に13万4000人余りの方が来場され、約4,300万円の売り上げがあったそうです。

オフィス街の真ん中にあるので、レストランも盛況のようです。

 

また、催し物をするなどして滋賀の魅力発信に努力しています。

たくさんの人に滋賀の魅力が伝わっていってほしいなぁと思います。

 

IMG_2507  IMG_2506

 会派勉強会

1月16日(火)衆議院会館で総務省の方から、12月8日に閣議決定された新しい経済政策パッケージについてお話を聞きました。

お話の中心は幼児教育の無償化についてです。

2019年10月に予定されている消費税引き上げによる増収分を、子育て世代や子どもたちに大胆に投資しようという政策です。

 

20代・30代の若い世代が理想の子ども数を持たない理由は「子育てや教育にお金がかかりすぎるから」が最も多くなっている。

そこで政府は幼児教育の無償化などの措置を行おうとしています。

 

ところが、実際各自治体が取り組みを進めようとするためには、施設の拡大や保育士の確保などの様々な課題がでてきます。

国はそれに対して100%予算の裏付けをしてくれる訳ではありません。

最終的には各自治体の努力も必要になってくる。自治体にとっては大きな負担になってくるように思われます。

 

IMG_2497

 

会派で勉強した後、今井絵里子参議院議員とお出会いしました。

二日後に今井議員から交流させてもらえてよかったとのお礼状を頂きました。

国会議員の先生は対応が速いと思いました。

 

IMG_2499

2018年1月9日 火曜日 左義長

1月8日(月)早朝に石田町の若宮神社で左義長が行われました。

無病息災を願って古来から行われている行事です。

 

石田町では、以前は【わら】や【竹】を集める役を子どもが担っていました。

小さい頃から地域の行事に関わり、役目を果たしていくことによって、大人とのつながりが出来、地域で暮らしていくことの意識が育まれてきたのだと思います。

近年は【わら】や【竹】を集めに行くのが難しくなってきたので、点火する役目を担うようになりました。

 

IMG_2461

 

IMG_2467

 

自治会長から説明を受け、周りの大人の声かけを聞き入れながら慎重に火を受け取り、【竹】をおおう【わら】に火を付けます。

 

IMG_2464

 

点火されると勢いよく燃え上がります。

雨が降っていましたが、負けることなく【竹】や【わら】はどんどん燃えていきます。

 

IMG_2474

 

ボランティアさんや子ども会の役員さんがおぜんざいや飲み物などの接待してくださいます。

皆で頂きながら、この一年の無病息災などを祈念するのです。

 

点火の役割を担った子どもたちは大人になっても左義長に来てくれることでしょう。

このようにして地域行事が受け継がれていくのはすばらしいことです。

2017年12月26日 火曜日 年末夜警

12月24日(日)から守山市消防団による年末夜警が始まりました。

 

市内7つの分団が、担当地域の夜警を行います。

この日は市長や市の消防団本部長・湖南消防の方や守山警察署の方が、各分団の激励に来て下さいました。

私たち市民の安全を守るために、たくさんの人たちが動いてくださっていることを改めて感じさせてもらえる一時でした。

 

これに合わせて、各町内でも夜警に取り組んだりします。

自分たちの力で自分たちの町を守っていくんだという意識があるのは心強いことです。

 

自分の安全は自分で守るという気持ちを一人ひとりが持ち、その上で町内や学区・市で組織的な防災活動が行われることによって、私たちの生活はより強固に守られていくのだと思われます。

 

IMG_2444   IMG_2445

「石田せいぞう」応援メッセージ
「石田せいぞう」後援会
「石田せいぞう」活動報告