守山市議会議員

石田せいぞう

オフィシャルウェブサイト
ステキなまちをつくりたい
活動報告  REPORT
2019年3月15日 金曜日 外国籍児童への対応

3月13日(水) 本会議において、一般質問をしました。

 

平成31年3月定例会

 

外国から日本へ来られる場合、家族連れの方も多く、学齢期の子どもさんがおられることも多いです。

Q.湖南市では働き盛りの親に連れ立って渡航してきた学齢期の子どもたちが学ぶ場として、日本語初期指導教室が設置されていますが、守山市ではどうでしょうか。

A.本市の小中学校においても、日本語指導が必要な児童生徒のほとんどが日常会話に困らないレベルにあります。日本語指導教員を配置し、教科学習や文化の違いによる学校不適応のないよう支援を行っています。

Q.今後、外国籍の子どもたちが増加することになれば、各校に日本語指導教員を配置することが必要になってくるのではないでしょうか。

A.現在、市の日本語指導教員や、県のいきいきサポート支援員が巡回指導で対応しています。今後、県の加配教員や非常勤教員の配置に努めてまいります。

Q.子どもたちや保護者との意思疎通を図る上で、音声翻訳機がたいへん有効だと思われます。小中学校において活用してみてはどうでしょうか。

A.外国籍児童の保護者の中には、日本語をほとんど理解されていない方もおられるので、教育委員会や課題を多く有する学校への音声翻訳機の導入を進めます。

「石田せいぞう」応援メッセージ
「石田せいぞう」後援会
「石田せいぞう」活動報告