守山市議会議員

石田せいぞう

オフィシャルウェブサイト
ステキなまちをつくりたい
活動報告  REPORT
2019年9月19日 木曜日 総決起集会

IMG_8710

 

9月14日(土)に「石田せいぞう後援会 総決起集会」を行いました。

推薦を頂いている赤野井や十二里の自治会からも支援者が集まってくださいました。

衆議院議員の武村展英さんや守山市長の宮本和宏さんもかけつけてくださり

応援の弁をいただきました。

 

IMG_8714

 

石田町内には案内のチラシを全戸配布してもらいました。そのおかげで

関係者も合わせて100名余りの参加を得ることが出来ました。

 

IMG_8719

 

後援会組織の立ち上げも遅れていたし、後援会の活動も4年前に比べて

ゆっくりとした動きになっていたので、どれだけ集まってくださるのか

不安もありましたが、大勢集まって頂いたので安心です。

 

IMG_8717

 

定数20に対して23人の立候補が予想される少数激戦になりそうですが、

厳しい戦いになるのは間違いありません。

事務局メンバーと各班長さんを中心にして選挙体制を整えていくことが必要です。

 

IMG_8725

 

告示まで二週間足らずしかありませんが、しっかり準備を整えて、選挙戦に臨みたいと思います。

二期目は票が減ると言われますが、やれることを精一杯やってよい結果をつかみ取りたいと思います。

2019年9月9日 月曜日 赤野井湾プロジェクト館外研修

IMG_8601

 

玉津学区丸ごと活性化の赤野井湾プロジェクトで館外研修に行きました。

 

醒井養鱒場は明治11年(1878年)に、琵琶湖の固有種ビワマスの養殖を目的に設立され、

今日まで継続している日本最古の養鱒場です。

 

IMG_8592

 

採卵、受精を行い、たくさんの魚を育てています。霊仙山のふもとから湧き出す清流で魚を育てています。

ビワマス、ニジマスだけでなく、アマゴやイワナ、イトウ、チョウザメ、ハリヨなども飼育されていました。

観光ボランティアガイドさんが施設の案内をしてくださったので、事業の様子がよくわかりました。

 

展示コーナーや釣り場、ふれあい河川などがあり子どもたちも楽しめるようになっています。

夏休み期間中だったこともあり、何組かの親子に出会いました。

 

こういう施設は、誘客が難しいと思われるのですが、工夫をして、家族で来てもらえるような取り組みを

行っておられました。赤野井湾にもたくさんの人が来てもらえるように、工夫した取り組みを行っていく

ことが必要であると思いました。

 

IMG_8619 IMG_8611

 

昼食後は、地蔵川を彩る梅花藻を見ました。梅花藻はキンポウゲ科の水中花で、

梅に似た花をつけることからこの名がついたそうです。

初夏(5月中旬)から晩夏(9月末)にかけて開花します。

ちょうど見頃を迎えていたので、たくさんの観光客がその美しさに見入っていました。

清流を守っていく地域の力があってこそ、この花の美しさが持続出来ているのだと思います。

地域の資源を地域の活性化にうまくつなげられているなと思いました。

赤野井湾を地域の宝として、守っていくことが私たちの責務であると改めて感じさせられました。

2019年8月29日 木曜日 地蔵法要の集い

jizoubon  IMG_8479

 

 

8月24日(土)に、石田町浄満寺で地蔵法要の集いが行われました。

毎年お寺の門侍やその子どもさんたちが集まって開催されています。

浄満寺では、一年生の子どもさんにお念珠を授けます。

お寺や家のお仏壇に手を合わせてお参りして欲しいという願いをこめて

行われています。

 

IMG_8474  IMG_8477

 

檀家の数が減ってきており、地蔵盆にお参りしてくれる子どもさんも減ってきました。

これからこの行事をどのようにつないていくのかは大きな課題です。

それと同時に、門徒の高齢化も大きな課題です。

 

最近は、家にお仏壇のない家やお墓は持たないという家も現れ始めており、地域にある

お寺やお墓をどうやって守っていくのかは、近い将来、大きな課題となって来そうです。

宗教的な行事として引き継いでいくというのが難しい時代になってきたのだと思われます。

 

IMG_8481

 

自治会で行うお祭のように、伝統文化の継承という形でつないでいくのも一つの方策かなとも思えます。

課題はありますが、夏のひと時をみんなで集まって食事をしたり、アトラクションを見たりして楽しむ

ことが出来るのはすばらしいことだなと感じます。

2019年8月22日 木曜日 十二里町ふれあい広場

IMG_8460

 

8月18日(日)、十二里町最大のイベント「ふれあい広場」が開催され、

たくさんの方が参加しておられました。

お盆の時期でもあるので、里帰りで来ておられる方もあるようです。

 

十二里町は近年、三世代同居や、近居が見られるようなり、新しい家が増えています。

この日も、小さいお子さんの姿がたくさん見られ、賑わいが感じられます。

 

IMG_8469

 

十二里町では最近、地区計画の話が持ち上がっています。

玉津学区では、石田町に続いて、赤野井町が地区計画を実施されるようになりました。

矢島町でも、今、検討が進められているところです。

 

IMG_8457

 

十二里町は住民の絆が強く、

この「ふれあい広場」も一丸となって取り組んでおられることが伝わってきます。

町に勢いがあるように感じられます。

地区計画の話が進めば、町はどんどん大きくなり、さらに活気が出てくる事でしょう。

十二里町のさらなる発展を期待したいと思います。

 

IMG_8467

2019年8月17日 土曜日 夏祭り

8月10日(土)に、石田町の夏祭りが開催されました。

 

IMG_8397

 

今年はもりぴーにも参加してもらいました。

年々参加者が増え、賑わいが感じられます。

町内会長や協議員が中心になって、担当の模擬店を運営します。

 

IMG_8390 IMG_8391

 

作るのが追いつかなくて行列が出来てしまうこともありますが、

親子や隣近所の人たちといっしょに軽食をとるのは楽しいものです。

近くに住んでいても、ふだんはなかなか顔を合わせることもありません。

こういう機会にたくさんの人とのつながりが出来ていきます。

 

役員さんにとってはたいへんな部分もありますが、

役割をこなす中で、楽しさを感じられる部分もあると思います。

 

IMG_8410

 

今年はアトラクションは和太鼓の演奏でした。

お祭りにふさわしく、リズム感あふれる太鼓の音が鳴り響き、

みんな気持ちが盛り上がって行きました。

 

IMG_8426

 

また明るい時間ではありましたが、江州音頭により盆踊りが始まりました。

徐々に踊りの輪が広がっていき、大勢の人が祭りを盛り上げてくださいました。

 

IMG_8432

 

夏祭りの最後をしめくくるのは、恒例の抽選会です。

当たるかな、というドキドキ感がみんなの気持ちを盛り上げます。

 

今年も多くの人で運営し、たくさんの人が参加してくださって、

すばらしいお祭りになりました。

町内の人が一同に会して楽しむ場があるというのは、すばらしいことだなと思います。

「石田せいぞう」応援メッセージ
「石田せいぞう」後援会
「石田せいぞう」活動報告