守山市議会議員

石田せいぞう

オフィシャルウェブサイト
ステキなまちをつくりたい
市政の窓 COLUMN
2017年4月17日 月曜日 人工芝テニスコート完成

4月15日、守山市民運動公園に人工芝テニスコートが開設されたのを祝して、完成式典が行われました。

今までは、運動公園に4面、守山町公園に2面の計6面のテニスコートがありましたが、利用者が多く予約を取るのが大変でした。

また、クレイコートは雨天時や冬季の利用ができませんでした。

今回、新設されたのは耐久性や配水性に優れた人工芝コート。

ナイター設備も備えているので利用者が増えることが期待されます。また、大会運営に便利な物見台や屋根のあるスペース、盛り土と芝生で作られた観覧席も備えられています。市民が集う憩いの場として、各種大会が開催されるにぎわいの場として多くの人が集まってこられることでしょう。

守山のスポーツ文化が発展する起爆剤になることが期待されます。

 

IMG_1205_72

2017年4月3日 月曜日 臨時議会

3月30日臨時議会が開かれました。27日付けの地元4自治会の環境施設の更新にかかる確認書と、29日の環境施設対策特別委員会での報告を受けて、一般会計補正予算が提案されました。環境施設整備にかかる発注支援業務等に2492万円,環境センター敷地全体測量調査業務等に1490万円,合計3982万円の歳出予算が提案されました。総務常任委員会,環境生活都市経済常任委員会での審議に続き、賛成討論,反対討論が行われました。その後、採決が行われ、賛成多数で可決しました。

 

いよいよ、具体的な事業が進められていきます。市民生活にとって欠くことの出来ない環境施設の更新が、市民の環境意識の向上につながっていくことを期待したいと思います。併せて、付帯施設を含めた新しい環境施設一帯が、市民の憩える場、集える場として、新しい市民交流の場として、市勢発展につながることを期待したいと思います。未来に向けた新しいまちづくりをみんなで進めていきましょう。

 

093836

2017年3月24日 金曜日 市議会閉会

3月24日に議案に対する賛成討論と反対討論が行われた後、採決が行われ、提出された議案は、総て可決されました。
各常任委員会では、予算案に対する検討が細部に亘って行われるとともに、以下の項目などについて熱心に討議が行われました。
 
総務(3月10日)
○働き方改革の推進について
○通学路等の安全対策について
○公共施設の耐震化等について
○地域公共交通の充実策について
 
文教福祉(3月15,16日)
○学校規模の適正化に向けての対応について
○新しく始まる介護の総合事業に向けての対応について
○病院事業の現状と進むべき方向について
○民間活力の活用による待機児童解消に向けた取り組みについて
○伊勢遺跡の保存と活用について
 
環境生活都市経済
○環境施設の更新施策の推進について
○住みやすさ指標に係るアンケート結果について
○銀座ビル建て替えによる中心市街地の活性化について
○守山市立地適正化計画の策定について

 

kaigi_man

2017年3月13日 月曜日 会派代表質問

3月7日各会派の代表質問がありました。質問が集中したのは、次の5点でした。※印が市の答弁の概要
 

 
○環境施設の更新について

※今年度中に、地元4町の概ねの理解を得て、事業を進めていきたい。
 

 
○庁舎の建設について

※環境施設の更新にメドがつけば、国の補助事業を活用して、早期に取り組みたい。
 

 
○子育て支援について

※保育士の処遇改善で、受け入れ園児は拡大したが、入園希望者が予想以上に増えて待機児童の解消はできなかった。引き続き有効な対応を進めていきたい。
 

 
○市民病院について

※黒字化に向けて努力しているが、課題は大きい。医師の確保などへの取り組みを進めていきたい。

 

 

○働き方改革について

※市役所の幹部が「育ボス」宣言を生かして、職場環境の改善に努めていきたい。

 

 

 

イラスト縦

2017年3月1日 水曜日 新年度予算は6.1%減

 2月23日(木)に市議会定例会が開催され、平成29年度予算案を含む30議案が市から提案されました。厳しい財政状況の中、今後の環境施設の更新や庁舎建て替えに備えて、一般会計は、前年度比6.1%減の242億5千万円となっています。市は、環境施設の更新事業の推進を最重点施策としながら、

①子育て・福祉政策の充実

②教育環境の充実と文化・スポーツの振興

③地方創生と連携した地域活性化と環境先端都市の実現

④市民参画と信頼される市政運営を重点施策として、様々な事業を展開していきます。保育士の処遇改善策により、一定保育士の確保は進んだものの、低年齢児の保育希望が予想以上に拡大しており、待機児童の解消には至らない状況です。どのような方策をとっていくのか、大きな課題です。様々な課題解消に向けて、3月7日から一般質問が始まり、各常任委員会での審議を含め、3月24日まで、熱い議論が交わされ、今年度の市政の方向が定まります。

   

614735

「石田せいぞう」応援メッセージ
「石田せいぞう」後援会
「石田せいぞう」活動報告