守山市議会議員

石田せいぞう

オフィシャルウェブサイト
ステキなまちをつくりたい
市政の窓 COLUMN
2021年9月2日 木曜日 二学期スタート

8月30日(月)市内中学校は二学期が始まりました。

通常ですと9月1日からスタートとなるのですが、今年は中体連の大会に合わせて一学期の終業を2日間早め多分早めたものです。

ただ、8月に発令された緊急事態宣言が継続されていますので、9月12日までは部活動は停止です。

コロナの勢いが止まらないので、県内でも二学期の開始を当初予定より送らせているところも見受けられます。

政府は一斉急行を求めるようなことはしないと言ってますので、市町が判断することになります。

近隣の市町の対応などにも気を配りながら学校運営を進めていかなくてはなりません。

二学期は修学旅行や校外学習、運動会や文化祭などたくさんの行事が計画されていましたが、

どのように安全な活動を保障していくのか悩ましいところです。

 

また、教科等の学習においてもコロナ対策に配慮しながら進めていかなければなりません。

児童生徒の机にパーテーションを取り付けたり、トイレ清掃の委託費用を計上したり、

少しでも感染の拡大が起こらないような対策がされます。

 

もし学年閉鎖や学校閉鎖などの措置がとられた場合は、オンライン学習で子どもたちの学習を保障していくことが求められます。

不安材料はたくさんありますが、子どもたちが充実した学校生活を送ってくれることを期待したいです。

 

 

なお、小学校は9月1日から二学期がスタートです。

12日までは短縮日課とし、早く下校するようになっています。

早く平常の生活に戻って欲しいものです。

 

507382

2021年8月26日 木曜日 まん延防止等重点措置の延長

全国的な感染の急拡大を受け、滋賀県にもまん延防止等重点措置が8月8日〜8月31日まで出されていましたが、

9月12日まで期間が延長されることになりました。

 

守山市もそれを受け、飲食店等の営業時間の短縮が要請されています。もちろん、酒類の提供は終日停止です。

また、市の各公共施設は20時閉館になっています。

8月29日に実施される予定だった市の防災訓練は延期になり、美崎公園の駐車場・キャンプサイトも閉鎖されています。

各公民館で行われるイベントや会議にも影響が出ています。

秋には学区行事が予定されているところが多いのですが、実施の可否の判断に迷うところです。

そもそもまん延防止措置のさらなる延長はないのか、行き先が見通せない中、市では9月議会に突入ということになりそうです。

 

たくさんの課題を柔軟に、かつ敏速に対応することが求められます。

 

teireikai

2021年8月19日 木曜日 臨時会議

8月12日(木)に臨時会議が開催されました。


 

議第58号 令和3年度守山市一般会計補正予算(第6号) 2億7893万円

  新型コロナウィルス感染症対策費

  1. 子育て世帯等への生活支援と市内の経済対策のための地域商品券発行事業
    妊娠期から子育て期(18歳以下のこどもに1人5,000円の地域商品券配布)
    ・・・1億1193万円
  2. 新型コロナウィルスワクチン接種事業費の増額   ・・・1億6200万円

    その他

  3. 共同墓地整備事業費補助金            ・・・500万円

 

2はワクチン接種を促進するための費用の増額です。

3は近隣に開園予定の保育園の安全対策として、共同基地のブロック塀の撤去・改修を早急に進めてもらうための補助金です。

全会一致で議案は可決されました。

 

 


 

議第59号 令和3年度守山市一般会計補正予算(第7号) 2,000万円

  JR守山駅東口における新施設整備関連予算

  1. 企業誘致に係る市有地売却のための各種調査費や手数料
    ・・・550万円
  2. 立入公園に係る測量および基本計画策定事業費   ・・・1450万円

 

JR守山駅東口にある「Rise Ville   都賀山」及び駐車場、隣接する「駅前スポーツ広場」の市有地合計面積8,237.44㎡を売却し、

株式会社村田製作所を誘致することになりました。

村田製作所はここに研究開発の拠点施設を整備されます。

駅前スポーツ広場は市民などに利用されている施設なので、代替施設として、立入公園を整備します。

議第59号は賛成多数で可決されました。

 

594826

 

 

2021年8月12日 木曜日 平和を誓うつどい

8月6日(金)市民運動公園内の平和の広場で令和3年度の平和を誓うつどいが開催されました。

新型コロナウィルス感染拡大防止に配慮して、参加者を少なくし、開催時間を短くしての開催でした。

 

各学区から集められた平和の火を集火し、児童代表が献花されました。

黙祷の後中学生の代表が平和の誓いを述べ、自分たちが平和の気持ちを受け継いでいくのだという強い決意が表れていました。

 

IMG_2320 IMG_2324 IMG_2325

 

広島市長からのメッセージも披露されたことで、市内だけでなく日本全体、

ひいては世界全体へと繋がっていることを感じさせられました。

今年は遺族会会長が守山市内であった米軍の飛行機と日本の飛行機の空中戦のことが紹介され、

戦争は遠い外国で起こっていたのではなく、守山でも人々の記憶に残されているのだと改めて感じます。

 

IMG_2329 IMG_2337 IMG_2330

 

式典の終わりに、「平和の火」の採取が行われました。

今年は折しもパラリンピックが東京で開催される年です。

集められた「平和の火」を平和記念会館に集約し、パラリンピックの聖火リレーを行い、東京へとつなぐことになっています。

ここでも守山の火が日本全国から世界へと繋がっていくことが感じます。

 

世界の人々と繋がり、平和な世の中を創り上げていきたいです。

2021年8月5日 木曜日 市政50周年記念式典

8月1日(日)市民ホールで1年遅れの市政50周年記念式典が行われました。

守山が市になったのは1975年で、2020年が市政50周年の年でした。

新型コロナウィルスのあおりを受けて、1年延期となったものです。

 

IMG_2312 IMG_2315

 

3万人市制法案が成立し、市政を実行することとなりました。

それまでは野洲郡守山町だったのはご存知でしょうか?

私が小学生の頃は群の体育祭があり、5年生の時に中主小学校、6年生の時は守山小学校へ行ったのを覚えています。

市制が実行された時は人口3万5000人くらいでしたが、現在は8万4000人と倍以上になっています。

のどかな田園都市を目指して大きく発展してきましたが、50年後100周年を迎える頃には人口減少社会に入っているでしょう。

それを見据えて豊かな田園都市をスローガンとして発展させていきたいです。

50年後の守山はどんな町になっているのか、見てみたい気持ちです。

 

 

この日は三日月知事を始め、多くの県内市長がお祝いに駆けつけてくださりました。

連携都市である北海道別府市からも市長や市議会議長が来てくださり、海外の友好都市からはビデオメッセージを頂きました。

 

IMG_2318 IMG_2316

 

多くの方々から祝福を受け、50周年を迎えられたことをありがたく思います。

市制の発展を支えてくださった方々の表彰なども行われ、今の守山があることは皆様のおかげであり感謝を忘れてはなりません。

私たちも次の世代へバトンをつないでいきたいですね。

「石田せいぞう」応援メッセージ
「石田せいぞう」後援会
「石田せいぞう」活動報告