守山市議会議員

石田せいぞう

オフィシャルウェブサイト
ステキなまちをつくりたい
市政の窓 COLUMN
2021年12月16日 木曜日 中日提案

12月8日(水)に本会議中日に議第88号補正予算が提案されました。

①子育て世帯への臨時特別給付金18歳以下の子ども1人あたり5万円
16,500人分 8億3275万円

➁住民税非課税世帯への特別給付金
令和3年度住民税非課税世帯および令和3年1月以降に家計が急変した世帯に1世帯10万円を支給
7億4500万円

➂新型コロナワクチン追加接種費用
3回目絵のワクチン接種
6354万円

 

①については、国の方針が定まっていないので、今後どのように進めていくかは難しいところです。


A. 10万円を一括給付

B. まず5万円給付、4月以降にもう5万円給付

C. 5万円給付+5万円クーポン配布


当初はC案で提示されていましたが批判が相次いだことから、各自治体が自由に選択出来るようになりました。

この例のように、国から下りてくる施策は国の意向に合わせて、地方自治体事業の進め方を決めなければなりません。

一旦議会では提案した内容も、国の進める方向が変わったら修正して、再度提案しなおさないといけないことになります。

最終的にどうなるのか国の決定を注視しなければなりません。

2649425

 

 

 

2021年12月10日 金曜日 行政事務組合議会定例会

11月30日(火)守山市議会の第1委員会室と本会議場に於いて、令和3年第3回守山野洲行政事務組合議会定例会が開催されました。

守山市と野洲郡2町は長年の課題であった斎場建設に向けて、行政事務組合を設置しました。

野洲町と中主町は合併して野洲市となり、現在は守山野洲行政事務組合となっています。

1210石田

平成12年に斎場新築工事の入札があり、平成14年1月に工事が完了し、その年の4月から野洲川斎苑の供用が開始されました。

守山市と野洲市が職員を派遣し、両市の市長と副市長が管理者・副管理者となって、運営に当たっています。

両市議会からも議員が3人ずつ入り、定例会議を開き、運営がスムーズに進むようにしています。

 

現在火葬棟には人体火葬炉が4炉と動物火葬炉1炉あります。

葬祭棟には120人定員の式場と80人定員の式場がありますが、コロナ感染拡大防止のため、式場の定員は制限されています。

建設からの年も経ってきたので、経年劣化等も懸念されています。

炉を止めると市民生活に大きな影響が出るので、随時施設の更新にも気を配らなければいけません。

大きなお金がかかることも多いので、計画的に施設整備を進めなければなりません。

 

両市から拠出される分担金が極端に増大したりしないように、運営をしっかり見守っていかないといけません。

たいへんな役割を担わせてもらっているのだなと思います。

2021年12月2日 木曜日 モリイチスタンプラリー

11月28日(日)守山市内全域を会場として、モリイチスタンプラリーが開催されました。

今年は500人以上の参加があったようです。市内あちこちで自転車で回る親子連れなどを見かけました。

 

IMG_2683 IMG_2691

 

担当者のお話では市内、他市町だけでなく、県外からの参加者もあるとのことでした。

自転車愛好家たちのネットワークで広まったようです。

 

IMG_2674 IMG_2680

 

ポイントが10箇所設定してあり、各ポイントでは心温まるおもてなしがされています。

石田町もポイントをお引き受けして、かやくご飯と豚汁でおもてなしをすることになりました。

ボランティアの方達が準備をし、当日も朝早くからかやくご飯を炊いておられたようです。

 

IMG_2690 IMG_2688

 

石田町のポイントにもたくさんの方が訪れてくださって、たいへん賑わっていました。

石田の町内でも自転車でゆっくりと走っておられる姿をたくさん見かけました。

市内各所でこのような光景が広がり、「自転車のまち」というイメーズイにぴったりでした。

市全体が一つのイベントで盛り上がるのはたいへん嬉しいことと思います。

 

 

 

2021年11月29日 月曜日 本会議開催

11月26日(金)12月定例月会議の本会議が開催されました。

予算案件7件、条例案件6件、その他案件6件の計19件が上程されました。

議第69号では、6億611万6千円の補正予算が提案されました。

 

 

障害者の自立支援給付費や障害者通所うサービス給付費に不足が生じることから、増額補正が挙げられています。

また児童数増加に伴い、増築が必要となる玉津児童クラブ室の増築工事や

立入が丘小学校区に民間児童クラブ室を整備するための補助が盛り込まれています。

新型コロナワクチン接種に関わる係る人件費も計上されています。

さらに新型コロナウィルス感染症対策として、市内経済活性化のための住宅・店舗・施設改修補助金の増額や

変更になった修学旅行のキャンセル料の支援経費なども盛り込まれています。

 

 

議第78号ではこれまでの貸与型奨学金に加え、「返還免除型奨学金制度」

の創設にあたり、必要な条例改正が提案されています。

令和4年度予算編成に向けた事務が各部局でスタートしています。

来年度以降の財政収支をみてみると、令和7年度までの4年間で約32億円の財源が不足する厳しい見通しとなっています。

このような中で感染症対策に万全を期すとともに、市民サービスの向上・福祉の充実に取り組んでいくことが求められます。

議会も行政に対して有効な示唆を示していかなければなりません。

 

2021年11月25日 木曜日 一斉清掃

11月21日石田町自治会はゴミのない美しいまちづくりに取り組みました。

各戸一人が出て、各町内で決めた場所の清掃にはげみました。

地区計画で造式された住宅の方々や、新しく入ってこられた方も参加してくださりと、

旧来一緒に活動してくださっていることは、たいへんありがたいことだと思います

この活動では川や公園などの清掃も行いますので、沢山のゴミや草木などがでます。

自治会で用意したトラックで環境センターへ行きますが、膨大な量になります。

普段は環境センターでは日曜日のゴミの搬入は受け入れてくれませんが、この日は特別です。

 

DSC00070 DSC00073

 

もし、この活動がなければ、市が業者に委託して各町内の清掃に回らなければなりません。

莫大な時間と爆大な費用がかかります。

これぞ市民の力です。自分たちの町を自分たちの手で住みよくする。

この気持ちが守山を支えているのだと思います。

 

DSC00076 DSC00079

 

町中が綺麗になり、気持ち良く生活できるようになりました。

素晴らしいことと思います。

 

IMG_2631 IMG_2660

 

 

 

「石田せいぞう」応援メッセージ
「石田せいぞう」後援会
「石田せいぞう」活動報告