守山市議会議員

石田せいぞう

オフィシャルウェブサイト
ステキなまちをつくりたい
市政の窓 COLUMN
2018年7月21日 土曜日 もりやま “ 夢 ” プロジェクト〜英語スピーチコンテスト〜

市内在住の高校1年生の年齢に相当する方対象に、英語スピーチコンテストが行われます。

3分以内で「私の将来の夢」について英語でスピーチを行います。

 

入賞者3名は、来年3月に姉妹都市である米国ハワイ州カウアイ郡でホームステイしながら

地元高校での授業を体験します。

体験で学んだことを発表する場を設けます。貴重な体験が出来ることだろうと思います。

 

この体験をした人たちが、その輪を広げてくれて、国際交流活動の推進に一役買ってくれるようになるとうれしいです。

若い力が守山市の国際交流を活性化する、ひいては、市全体を盛り上げていってくれる、そんなことにつながってくれたら

もりやまの“夢”プロジェクトになると思います。

すぐに結果が出る訳ではありませんが、将来守山市に大きな花が咲いてくれることを期待したいと思います。

 

speech.0720jpg

2018年7月12日 木曜日 「翔政会」誕生

環境施設の更新、庁舎の建設、幼児教育保育の無償化への対応などなど

市政の課題は山積しています。

この難しい局面を乗り切るためには、県や国と連携して施作を推進することが求められます。

そこで、保守系議員が一本化し、国や県との強力なパイプを持つことが重要と考え、

保守系議員全員に呼びかけが行われました。残念ながら、一本化には至りませんでしたが、

趣旨に賛同する7人が集まり「翔政会」が誕生しました。

 

hoshu

 

結果的に、翔政会が最大会派となり大きな責任を負うこととなりました。

今後も、保守系一本化の動きを続けながら、県や国とのパイプ拡大に向けて活動を推進していきます。

市政を力強く推し進めていくことにより、市民の皆さんのくらしを豊かなものにしていきたいと思います。

2018年7月4日 水曜日 大庄屋諏訪家屋敷オープン

赤野井町にある江戸時代後期の庄屋屋敷の修復工事が終わり、

7月1日(日)に開館しました。

 

IMG_3027

 

貴重な文化財であり、解体した部材のうち、使える物は出来るだけ元のまま使って

修復されました。

 

文化財ではありますが、迎賓館としておもてなしの場にしたり、

歴史を語る学習の場にしたり、また、地域住民の憩える場にもしてもらいたい

という思いで開館されます。

 

文化財なので、火は使えませんが、他所から運び込んでの飲食も出来るようになっています。

茶室もありますので、お茶席を設けることも出来ます。

 

この日はアトラクションとして、地域のグループによる大正琴の演奏が披露されたり、

地域の農水産物や地域の物産の販売も行われ、活況を呈していました。

 

IMG_3030 IMG_3031

 

これから、たくさんの人が訪れ、多くの方に愛してもらえる文化的施設であってほしいと思います。

2018年6月25日 月曜日 保育需要とその対策

守山市は小規模保育所等の開設や保育士の処遇改善を行い、

待機児童対策に取り組んできたが、平成30年4月時点で待機児童は84名であり、

なかなか減っていないのが現状です。

 

平成31年4月に古高保育園の改築が完了し、定員が50人増える予定ですが、それでもまだ、

待機児童が完全に解消される訳ではありません。

 

さらに、平成31年10月の消費税増税の財源を使って、平成32年度からは幼児教育・保育の無償化が実施されます。

それに伴って、保育ニーズが高まることが予想され、保育の受け皿の拡大が必要になってきます。

そこで、平成32年4月に新園の開設を計画しています。

 

もりの風こども園、古高保育園と同様に用地の確保については市が行い、賃貸により提供します。

定員は120名程度で、民設民営です。

9〜11月に運営者を公募し、平成31年に園舎の建設工事を行い、平成32年4月開園を目指します。

 

また、今年7月からは。保育人材バンクを創設し、人材確保に努めるとともに、保育支援システム等ICTの活用により

業務の効率化を図り、働きやすい職場環境をつくることに努めています。

 

各々の対策がうまく機能して幼児教育・保育が充実して進められることが期待されます。

 

0115-02

2018年6月15日 金曜日 一般質問

6月13日・14日、二日間にわたり本会議一般質問が行われました。

 

北部地域の観光振興についての質問では美崎公園のところに道の駅を開設する調査・検討を進めたい旨の答弁があり、期待が持てました。

また自転車利用の普及促進と、ヘルメット着用推進についての質問に対しては、自転車購入補助の継続と、ヘルメット購入補助事業の拡大を検討する旨の答弁があり、今後の動向を見守っていきたいと思いました。

077776

 

他には、社会的養護の必要な子ども、若者たちの支援についてや、高齢者にやさしいまちづくりについて、定期人事異動を節目とした政策の効果的推進や、公立幼稚園・保育園の職場環境改善などなど、様々な分野にわたっての質問が展開されました。

今後ここでの答弁に沿った形で、様々な施策が展開されていきます。市民の皆さんとともに、議会も市政の展開を見守っていきたいと思います。

 

 

「石田せいぞう」応援メッセージ
「石田せいぞう」後援会
「石田せいぞう」活動報告