守山市議会議員

石田せいぞう

オフィシャルウェブサイト
ステキなまちをつくりたい
市政の窓 COLUMN
2020年9月19日 土曜日 インフルエンザワクチン予防接種助成

9月15日(火)本会議が再開され、補正予算案1件が上程されました。

新型コロナウィルスの感染拡大は一定収まりを見せてはいますが、この先どうなっていくかは不透明です。

冬の時期になるとインフルエンザが流行します。

新型コロナの感染拡大とインフルエンザの流行が重なると、医療の現場が対応しきれなくなることも懸念されます。

 

そこで国はインフルエンザワクチンの供給量を増やし、

高齢者や子ども・妊婦さん等にワクチン接種を呼びかける方針を打ち出しました。

県においても、県議会に予防接種に対する補助制度が提案されます。

市もインフルエンザの予防接種をより多くの方々に受けてもらえるよう接種費用の負担軽減を図ることにしました。

 

65際以上の高齢者
60〜64歳の既往症のある方
自己負担なし
生後6ヶ月〜12歳 2回4千円助成
中学1・2年生 1回あたり2千円助成
中学3年生 1回あたり3千円助成
妊婦 1回あたり2千円助成

 

県の補助は1回あたり1千円ですが、そこに市の補助金が上乗せされることになり、

上の表のような助成額になります。

受験を控えた中学3年生には助成額を手厚くしています。

約24600人の対象者を見込んでおり、予算総額は5898万2千円になります。

県の補助金が入ってはきますが、市独自としては3500万円余りのお金になります。

 

大きなお金を注ぎ込むので、たくさんの市民が予防接種を受け、

少しでもインフルエンザの流行が抑えられるといいなと思います。

「石田せいぞう」応援メッセージ
「石田せいぞう」後援会
「石田せいぞう」活動報告