守山市議会議員

石田せいぞう

オフィシャルウェブサイト
ステキなまちをつくりたい
市政の窓 COLUMN
2019年3月15日 金曜日 会派代表質問

3月11日(月)、本会議において、各会派の代表質問が行われました。

市長の答弁から今年度の市政の方向性を探ります。

 

■環境施設更新事業の推進

交流拠点施設の整備事業費は、交流拠点施設と屋外公園施設を合わせて24億円を超過することなく整備します。
⇒ 設計の見直しを進めています。

※計画通り施設の整備を進めることも大事ですが、将来のことを考えて、財政規律を守っていくことも重要だと思うので、設計の見直しをすることはよいことだと思います。

■待機児童ゼロ

古高虹のはし保育園の整備や小規模保育所等の整備で、受け入れ枠を150名拡大しましたが、入園希望者の増加がそれを上まわり、待機児童ゼロは実現できなかった。
さらに、新設園の整備等で受け入れ枠の拡大を図っていきます。
283055

※幼児教育・保育の無償化が進めば、更に保育ニーズが高まることが予想されるので、更なる新設園の整備や、幼稚園のこども園化などの対応も必要になってくるのではないかと思われます。

■高齢者福祉

団塊の世代が後期高齢者となる2025年には、本市においても単身高齢者や高齢者のみの世帯の増加、介護を必要とする方の増加が予想され、見守りや介護サービスの充実が必要になってきます。
地域包括支援センターの整備を進めるなどして、地域包括ケアシステムの推進に取り組みます。

087486

※支援やサービスを担う人材の不足が懸念され、高齢者自身も担い手となる時代がやってくるのではないかと思われます。

「石田せいぞう」応援メッセージ
「石田せいぞう」後援会
「石田せいぞう」活動報告