守山市議会議員

石田せいぞう

オフィシャルウェブサイト
ステキなまちをつくりたい
市政の窓 COLUMN
2020年8月12日 水曜日 平和を誓うつどい

8月6日(木) 市民運動公園内の平和の広場に於て、平和を誓うつどいが開催されました。

今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、規模を縮小して行われました。

例年ですと、市内の小中学生や市民が折った折り鶴を各校代表や市民の代表などとともに、

私たち市議会議員も献鶴させてもらっていたのですが、今年は代表して少人数で献鶴ということになりました。

平和の祈り像と広島原爆石、長崎被爆二世の柿の木に見守られながら、市内小学生の代表が献火を行いました。

 

IMG_0620 IMG_0630

 

今年、広島と長崎に原爆が投下されて75年になります。今は、新型コロナ禍でたいへんな状況になっていますが、

当時は、それどころではなかっただろうなと思います。資料館に行くと、本当に地獄絵図だなと思います。

本当にそんなことが起こったということが信じられません。そして、今も、原爆の後遺症に苦しんでおられると

いうことを私たち日本人は決して忘れてはいけないのだと思います。市長の言葉にもありましたが、今の平和な

日本の社会は、戦争の大きな犠牲の上に成り立っているのだということを忘れてはならないのです。このことは、

次の世代にもきちんと伝えていかなければならないことであり、それを改めて認識する上でこの平和を誓うつどいは、

絶対に必要な行事なのだと思います。

来年は、もっとたくさんの方々と認識が共有できるといいなと思います。

 

IMG_0634 IMG_0638

2020年8月7日 金曜日 行政懇話会

8月3日(月) 玉津学区の行政懇話会が行われました。

市からは、新型コロナウイルス感染症対策の対応・取組み等についてと、

新環境センター稼働に向けての2点、説明がありました。

学区からは、

  1. 天神川改修および県道赤野井守山線道路改良事業の早期完成について
  2. 赤野井湾の環境改善について
  3. 老人憩いの家跡地の活用について

以上3点が課題として提出されていました。

 

意見交換の中では、新型コロナウイルス対応のことが問題としてあげられていました。

自治会や学区での行事等を実施してよいのかどうか迷うということでした。

行政側としては、こうしてくださいとは言えないので、感染拡大防止の対策を取った上で、

各自治会で判断して実施されるのは構いませんとのことでした。とはいうものの、

自治会や学区としても、なかなか思い切った判断が出来ないのが現状です。思い切って、

夏まつりや秋まつりなどの行事を実施するところは、ほとんどないのではないかと思います。

 

新環境センターの稼働に関わっては、ゴミ収集の袋のことが話題に上がっていました。

トレー類なども可燃ゴミとして処理することになるので、可燃ゴミの袋を大きくしましたということでした。

高齢化で、大きい袋だと出す時にたいへんになるのではないかと不安の声が上がっているようです。

 

学区課題の赤野井湾の浄化の問題では、川の上流から流れてくるゴミなどが課題として上がっていました。

行政側としては、上流部の学区の方にもゴミのポイ捨てなどがなくなるよう看板の設置をして、呼びかけて

いきますとの行政側の返答でした。

 

一年に一度ではありますが、学区の自治会長などの役員と行政職員とが直接意見を交わすことによって、

市政の課題解決が進んで行くのだと思います。

 

IMG_0608 IMG_0609

2020年7月30日 木曜日 こどもSOSホーム

IMG_0564 IMG_0562

 

7月26日(日) 子どもSOSホームに協力して頂いているお宅や事業所を訪問し、

昨年の様子などをお伺いしました。

水ちょうだいと言って来た子もあったようですが、ほとんど利用されていませんでした。

子どもSOSホームは、変質者や不審者が出た場合に逃げこめるように、コーンやプレートを

目印にする仕組みです。子どもたちが安心して登下校できるようになるだけでなく、

変質者や不審者の情報を地域や子どもたちに早く知らせることも出来ます。

引き受けてくださっているところは、いずれもよい制度であると認識していただいています。

石田町内だけで13箇所あり、玉津学区だけでも57箇所もあります。

市内全部だと相当数になります。子どもたちが声をかけられたり、変質者や不審者などが

出没するようなことはありますが、大きな被害にあったりする事例は発生していません。

多くの方に見守っていただいていることが大きな力になっているのだと思います。

直接関わってもらっている方々だけでなく、コーンやプレートを見ると、地域の方々が

意識してくださるという効果も大きいと思われます。

みんなで子どもたちを見守り、犯罪被害から守る大きな力になっていると思われます。

すばらしいことだと思います。

 

IMG_0563

2020年7月27日 月曜日 消防操法訓練披露会

IMG_0482 IMG_0491

 

7月19日(日) 守山市消防団玉津分団の消防操法訓練の披露会がありました。

今年はコロナの影響もあって、練習期間が1週間と短かかったのですが、

高い評価を得ておられました。

本来は小津分団が県大会に出場することになっていましたが、

新型コロナウイルス感染拡大防止のため県大会が中止になったので

小津分団は来年の県大会に出場することになっています。ということで、

来年出場予定だった玉津分団は再来年の県大会に出場することになりました。

 

IMG_0480

 

例年は、県大会に出場する分団の訓練披露の場として、市内全分団が集まって披露会を

行っていたのですが、今年は個別に行うことになりました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響がこんなところにまで広がっているのだなと改めて

感じざるを得ませんでした。そんな状況ではありますが、各分団では日々の活動を続けて

おられます。消防団の活動を市民にPRする場がなくなったのは残念でしたが、

玉津分団の活動の一端を見せて頂くことが出来てたいへんよかったと思います。

消防団の皆様、日々の活動ご苦労様です。改めて、敬意を表させて頂きます。

2020年7月17日 金曜日 臨時議会

7月10日(金)に令和2年第2回臨時議会が開催されました。
新型コロナ対応の補正予算と新庁舎整備に係る債務負担行為の補正予算が課題でした。

1

2

3

 

市内経済活性化のために、各種の事業者等に支援を行っていくことが提案されました。

また、市内の小中学校の感染症対策として、トイレ清掃の委託や体育館用の大型扇風機の購入費用、

部活動締めくくりの場の確保のための会場使用料補助なども計上されていました。

国の補正予算で国からお金が下りてくるものもありますが、一旦は市が支出することになります。

財政調整基金というお金を使います。国から下りてきたお金は財政調整基金に戻します。

 

経済が元気を取り戻すのにはお金も時間もかかりますが、これからも市がいろいろな支援をし、

市の経済を支えて行くことが必要です。

「石田せいぞう」応援メッセージ
「石田せいぞう」後援会
「石田せいぞう」活動報告